English
京都大学 大学院理学研究科 化学専攻 有機合成化学研究室
Home > 研究室紹介 > 研究設備
研究室紹介/研究設備

丸岡研では充実した設備を常備して、研究をサポートしています。

NMR(400MHz, 500MHz)
化合物の構造決定において、中心的な役割を果たしています。更に他の有機系の研究室と共用のNMR (600MHz) があります。



 

HPLC
丸岡研での研究の多くは不斉反応であるため必需品です。オートサンプラー付のものや、様々な光学活性カラムが用意されています。また化合物の分離・精製に使う分取HPLCもあります。

 

GC
UV吸収の少なく、HPLCで分析することができない化合物の分析に利用します。HPLCとGCを併用することで、大部分の化合物の選択性を決定することができます。オートサンプラー付のGCも利用できます。


 

Mass
質量分析装置としてTOF MSがあり、NMRと共に化合物の同定に汎用されています。ESI(標準イオン化法)に加えて、APCI(大気圧化学イオン化法)での測定も可能なことから、極性に依らず非常に広範な化合物が測定対象となります。DART法を利用した測定が可能な質量分析装置も利用できます。

 

X線構造解析装置
結晶構造を解析するときに使います。イメージングプレート方式でロータ型のX線発生装置を利用していることから、微小な結晶でも短時間で測定が可能です。簡単な講習を受ければ自ら使うことができます。

 

低温恒温槽
低温で長時間反応させたい時に一定の温度に保ち続けることができます。



 

溶媒精製装置
蒸留塔を用いないため、安全に乾燥した溶媒が得られます。使用頻度の高い4溶媒で使用可能です。



 

ドラフト
強制排気装置で、全ての実験はドラフト内で行います。






他にもIR、旋光計など研究に必要な設備は整っており、これらの機器を使いこなして研究に励んでいます。