English
京都大学 大学院理学研究科 化学専攻 有機合成化学研究室
Home > 研究室紹介 > 3回生の皆さんへ
研究室紹介/3回生の皆さんへ

3回生の皆さん。いよいよ系登録も終わって学生実験も始まり、研究室に所属する先輩と接する機会も増えてきたことだと思います。皆さんも1年後には研究室に配属となり、研究を進めていくこととなります。皆さんは研究室を選ぶときに何を基準にするでしょうか。研究内容がおもしろそうとか研究室の雰囲気がよさそうとか、いろいろ判断材料はあると思います。丸岡研での研究内容は他のページで紹介しているので、ここでは研究室に入るとどういう生活になるのか簡単に紹介したいと思います。

4月
  研究室配属になると新歓の後まず担当の修士課程や博士課程の先輩1人が決まります。そして最初の研究テーマが与えられ、主にその先輩の指導を受けながら一緒に研究を進めていくことになります。初めのうちは研究を進めると同時に、基本的な実験技術や研究の進め方を身につけていきます。研究室での実験は、学生実験での実験とは全く異なります。結果が簡単に出るような実験ばかりではありません。上手くいかない時にどういうアプローチをしていくのかといったことを身につけることのほうが、大事かもしれません。最初はできなくて当たり前です。失敗もあります。徐々にできるようになればいいのです。

  もちろん研究室にはたくさんの頼りになる先輩がいるので、わからないことはどの先輩にでもどんどん聞けば教えてくれたり一緒に考えてくれます。有合には先輩となる学生や研究員が多いので実験のことのみならず、進路のことなどいろいろ相談にのってくれるはずです。また、院試休みまでの間は勉強時間を確保できるように考慮されます。

7月
  院試のための休みに入ります。院試は例年8月の中旬から下旬にあります。

9月
  院試が終わったら、院生と同じような研究生活に入ります。

  有合では学生の自主性にまかされている部分が多くあります。これは言い換えれば言われることだけこなしていればいいわけではないということです。研究室は先輩やスタッフのアドバイスを受けながら、自分で研究をしていく力を身につける場です。もちろん最初から求められるわけではありませんが、社会に出れば当然求められるべきスキルを研究室で磨くことが、将来に向けてのトレーニングになっているのです。

 また、丸岡研では海外留学も積極的に薦めています。博士課程の先輩の多くは、海外留学を経験し、一回り大きくなって帰ってきて研究に励んでいます。卒業後の就職先としては主に総合化学会社や化学メーカー、あるいは製薬会社などで働くことができます。また、ポスドクを経て大学の助教として活躍している人もいます。

~先輩達の進路~
◎ 製薬系企業:
武田薬品工業、三共、ファイザー、萬有製薬、JT(医薬研究所)、三菱ウェルファーマ
ノバルティスファーマ、グラクソ・スミスクライン、大塚製薬、塩野義

◎ 化学系企業:
三菱化学、住友化学、富士写真フイルム、花王、関西ペイント、旭硝子、日本曹達、 
味の素、旭化成、協和発酵、昭和電工、カネカ、長瀬産業、クラレ、チッソ石油化学、長谷川香料、関東化学、JSR、宇部興産、日本触媒、三井化学、東レ、東京化成工業

◎ 大学:
名古屋大学工学研究科教授、神戸大学工学研究科教授、京都大学工学研究科准教授、
東北大学理学研究科教授、名古屋大学理学研究科准教授、滋賀医科大学准教授、愛知教育大学准教授、新潟大学理学研究科准教授、京都大学理学研究科准教授、名古屋大学工学研究科准教授、東京工業大学理工学研究科助教、大阪薬科大学助教、日本大学生産工学研究科准教授、東京理科大学薬学部助教、兵庫県立大学物質理学研究科助教、京都大学理学研究科助教、名古屋大学工学研究科講師、金沢大学薬学研究科准教授、大阪府立大学理学系研究科助教、名古屋大学工学研究科助教、新潟大学理学研究科教授、琉球大学理学研究科助教、長崎大学水産・環境科学総合研究科准教授、大阪大学基礎工学研究科特任助教、京都大学理学研究科特任助教、京都大学人間・環境学研究科教授

◎ 官公庁:
秋田県総合食品研究所、高校教師、文部科学省、市役所

◎ その他:
日本航空、北海道警察、スポーツ新聞社、ヨーロッパ特許事務所、トンボ鉛筆

 

 有合はとても活気のある研究室です。イベントごとは皆で楽しむことができるし、飲み会もとても盛り上がります。夜は遅くまで化学のネタで熱いディスカッションをかわすこともあります。

  研究室選びは将来への第一歩にもなりえます。それだけに、じっくり選んでもらいたいと思います。有機化学がおもしろそう!とか実験が好き!とかやる気にあふれる皆さんをお待ちしています。