English
京都大学 大学院理学研究科 化学専攻 有機合成化学研究室
Home > 研究内容 > 二点配位型ルイス酸
研究内容/二点配位型ルイス酸

 本研究室では、長年「ルイス酸の化学」に携わっており、最近では「カルボニル基の精密認識」という研究テ-マに焦点を当て、独創的な「二点配位が可能なキレ-ト型ルイス酸」の創製に成功している。従来のルイス酸ではカルボニル基のふたつの非共有電子対のうち一方しか配位できなかったが、二つの金属間距離を適切に調整することにより設計した二点配位型ルイス酸を用いて、キレ-ト配位したカルボニル基の反応性、選択性の本質を初めて明らかにした。

例えば、二点配位型キラルルイス酸、(S,S)-1を開発し、不斉アリル化やニトロンの不斉2+3環化付加反応に応用した。新たに開発されたジアゾ化合物の不斉2+3環化付加反応によって、短段階での天然物の合成にも成功している。