文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究「炭素資源の高度分子変換」 SitemapEnglish
Google
 
研究概要
組織
活動状況
会議・シンポジウム
お問い合わせ
内部連絡
Home > 活動状況
活動状況
 

第六回公開シンポジウム

(平成20年12月4日(木)~5日(金)、石川県立音楽堂 邦楽ホールにて)  写真はこちら


《一日目》

座長:石井 康敬(関大化学生命工)
9:30 -10:00 石山 竜生(北大院工)
遷移金属触媒を用いたC-Hホウ素化およびケイ素化反応
10:00 - 10:20 茶谷 直人(阪大院工)
キレーションを利用した炭素-水素結合のシリル化およびカルボニル化
座長:丸岡 啓二(京大院理)
10:20 - 10:50 眞鍋 敬(理研)
オリゴアレーンを骨格とする人工酵素型触媒の開発研究
10:50 - 11:20 コーヒーブレイク
11:20 - 11:40 大井 貴史(名大院工)
新規基質認識型キラル有機強塩基触媒の開発研究
11:40 - 12:00 根東 義則(東北大院工)
有機超強塩基触媒を用いる選択的分子変換反応
12:00 - 12:20 椎名 勇(東理大理)
三種の芳香族炭素資源を活用した多置換スチレン型分子の合成
12:20 - 13:20 総括班会議(昼食)
13:20 - 13:50 総括班実施グループ打ち合わせ
座長:丸岡 啓二(京大院理)
13:50 - 14:10 正田 晋一郎(東北大院工)
有機溶媒・試薬を大幅に削減できる連続的配糖化プロセス
14:10 - 14:30 寺田 眞浩(東北大院理)
軸不斉グアニジン塩基触媒による高エナンチオ選択的分子変換
14:30 - 14:50 中島 誠(熊大院医薬)
オキシド化合物を有機分子触媒とした直接的不斉アルドール反応の開発
座長:野崎 京子(東大院工)
14:50 - 15:10

安倍 学(広島大院理)
小分子カルボニル化合物の活性化に基づくオキセタン類の選択的合成

15:10 - 15:30 北村 雅人(名大物質国際研)
Goodwin-Lions型錯体触媒を用いるケトン類の不斉水素化
15:30 - 15:50 藤澤 清史(筑波大院数物)
マンガン錯体触媒を用いた新規重合触媒の開発
15:50 - 16:20 コーヒーブレイク
座長:富岡 清(京大院薬)
16:20 - 17:00 《招待講演》
間瀬 俊明 (万有製薬)
医薬候補化合物のプロセス化学
17:00 - 18:00 《招待講演》
山本 尚(シカゴ大学)
酸触媒の研究
18:30 - 懇親会

《二日目》

座長:富岡 清(京大院薬)

9:30 - 10:10 《招待講演》
平岡 哲夫 (THS研究所)
化学系企業での合成化学の将来展望ー石油枯渇は合成化学発展のチャンスー
10:10 - 10:40 コーヒーブレイク
座長:大寺 純蔵(岡山理大工)
10:40 - 11:00 末延 知義(阪大院工)
低原子価金属-炭素dπ共役系の生成と反応
11:00 - 11:20 西原 康師(岡山大院自然科学)
ジルコノセン錯体を用いる高位置および立体選択的多置換オレフィンの合成
11:20 - 11:40 戸部 義人(阪大院基礎工)
アセチレン類の連続環化反応を利用する多環芳香族化合物の合成
11:20 - 11:40 豊田 真司(岡山理大理)
芳香環-アセチレン共役系オリゴマーの設計と高度分子変換
12:00 - 13:00 班会議

 

PageTop