原子・電子・イオン・スピンを駆使した新規な有機-無機物質の創成

論文発表

2021.4.9 427. Heavy Hydrogen Doping into ZnO and the H/D Isotope Effect
R. Nakayama, M. Maesato, G. Lim, M. Arita, H. Kitagawa
J. Am. Chem. Soc., in press.
2021.4.9 426. Mechanism of Hydrogen Storage and Structural Transformation in Bimetallic Pd-Pt Nanoparticles
A. Tayal, O. Seo, J. Kim, H. Kobayashi, T. Yamamoto, S. Matsumura, H. Kitagawa, O. Sakata
ACS Applied Materials & Interfaces, in press.
2021.3.30 Synthesis and Characterization of Platinum 1,4-Bis(ethynyl)benzene Complexes
M. El-khateeb, H. Moriyama, Y. Yoshida, H. Kitagawa
Journal of Chemical Sciences, in press.

報道・記事・受賞

2021.4.15
日経新聞 令和3年3月29日
2021.2.3
京都新聞
2021.2.3
日刊工業新聞
2021.2.3
化学工業日報
2021.2.3
(京大院理)大坪 主弥 (助教)
『次元交差領域における配位性ナノ材料の開発に関する研究』
平成31年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞
2021.2.3
環境情報メディア「環境展望台」
2021.2.3
毎日新聞・共同通信

新奇な電子・イオン・スピン量子相の創成

我々は電子と水素(プロトン)の融合による革新的科学技術(プロトニクス)の確立が
一つの突破口になるものと考えている。
当研究室ではこの研究方針のもと、
量子力学的な電子相(超伝導相、強磁性相、強誘電相、金属相、絶縁体相など)と
イオン相(特にプロトンによる超イオン伝導相、トンネリング現象、量子常誘電相)の
自在構築・制御を目指している。

研究室の紹介ページへ

NEWS TOPICS