2013年
6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

setup diary

2007|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|06|08|11|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2013-06-12 raspberry piで計測

_ raspbianのUSBTMC

raspbianのkernelを再構築することによって、USBTMCを組み込むことに成功した。これで、raspberry piを計測装置との通信マシンとして本格的に使うことができる。参考に、その手順を簡単にメモしておく。まず、必要なパッケージをインストールしたり、ソースをダウンロードしたりする。
sudo aptitude install kernel-package
cd /usr/src
git config --global http.proxy http://proxy:8080/
sudo git clone --depth 1 https://github.com/raspberrypi/linux.git
sudo ln -s linux linux-3.6.11+
cd linux
zcat /proc/config.gz >~/config.bak
sudo cp ~/config.bak .config
sudo ln -s /usr/src/linux /lib/modules/3.6.11+/build
次に、USBTMCを有効にするために、.configを編集する。具体的には、 CONFIG_USB_TMCについてのコメントがあるので、そこに
CONFIG_USB_TMC=y
と書いておいた。モジュールにしても良いのだが、モジュールの組み込みが面倒かなと思ってyにした。そして、Makefile中のEXTRAVERSIONに、TMCなどと必要に応じて名前をつける。そして、コンパイルである。
sudo make oldconfig
sudo make clean
sudo make
sudo make modules_install
sudo make install
makeは、7時間か8時間ぐらいかかるようである。熱暴走しないように注意する必要があるらしい。そして、kernelイメージを作って、置換する。
cd ..
sudo git clone --depth 1 https://github.com/raspberrypi/tools.git
cd /usr/src/tools/mkimage
sudo python imagetool-uncompressed.py ../../linux/arch/arm/boot/zImage
sudo mv /boot/kernel.img /boot/kernel.img.bak
sudo cp kernel.img /boot
また、/boot/config.txtにkernel=vmlinuz-3.6.11TMC+などという行を加えた。最後の方は、必要のないことをしているかも知れないが、再起動して装置をつないだら/dev/usbtmc0ができていたので、これで大丈夫なようだ。さらに、2012/4/15に書いたようなpermission関係の設定をしたら、無事にusbtmcで通信ができるようになった。現在、usbtmcとusb-serialを使って、装置を通信テストをしているが、今のところ問題無いようである。

_ 2015.3.13追記

SDが死んで、またUSBTMCを使わないといけなくなったので、過去のメモを参考にして、やってみた。まず、3.18.5+に変わっていた。また、bcが無いと言われたので、sudo aptitude install bcをした。調べてみると、ここに書いてあることが他の人の役にも立っているようで、メモしておいてよかったと思う。

_ 2021.5.20追記

/proc/config.gzが無い場合には、sudo modprobe configsとするとできる。また、gitで特定のbranchをcloneするときには、sudo git clone --depth 1 --branch rpi-4.1.y https://github.com/raspberrypi/linuxなどとする。